製品紹介

ホーム > 製品紹介 > 防災用発電機

防災用発電機のご紹介

発電機と制御盤の合体!でトラブル(商用電源の異常や水位の上昇下降)時などに自動で負荷に電源を供給する発電機です。

防災用発電機の基本動作一連

1. トラブル(商用電源の異常や水位の上昇、下降)を検出。
2. 発電機自動起動にて負荷へ電源供給。
3. トラブル解消後、発電機自動停止、待機状態。

防災用発電機のご紹介

排水、給水(200V 水中ポンプ)

水位センサーと発電機の組み合わせで商用電源のない現場でも安心して水中ポンプをご使用いただけます。 センサー検出以外は待機状態なので、燃料削減CO2削減ECOに繋がります。

非常用単相電源切替(照明、送風機、水中ポンプ・・・など)

平常時
商用電源を切替盤を通して負荷に送電。
停電時
停電を感知して発電機を自動起動。発電機電源に自動切替後。停電後10 秒以内で送電開始。
停電時
復電を感知して復電確認運転後に商用電源に切り替り、無負荷運転後に発電機が自動停止。

週間タイマー運転

1週間のうち、曜日、始動時間、停止時間を設定すれば発電機が自動で起動・送電・停止を繰り返します。

防災用発電機の特徴

使用用途

・推進工事現場での推進機械据付後の水没防止として。(排水)
・水タンク等の水量の自動管理。(給水)
・現場の停電や漏電時のバックアップ電源として。(非常用電源)
・時刻制御での送電に。(タイマー運転)

防災用発電機及び水位センサー、水中ポンプ設置例

  • 使用現場(立坑深さ約15M)
  • 設置状況
  • 防災用発電機の設置例
  • 水位センサー、水中ポンプの設置例
  • レンタル&サービスカタログ
  • エコレクトシリーズ
  • 防災用発電装置
  • エフテクノへのお問合せ
  • 0948-55-2127
  • メールでのお問合せはコチラ
スタッフブログ
このページのトップへ